カテゴリ:【歌詞】( 19 )

春夏秋冬

春夏秋冬
作詞:将 作曲:アリス九號.

春は耳を撫でて、夏は髪をそよぐ、秋の染めた色に、冬に立ち尽くす。
無力だった僕らは、手段を探していた、自分が飛ぶだけの、明日への翼を

揺れて、揺られて、羽ばたける時まで

不意に 落ちた 視線の先 どこへ、どこまで 歩けば…

塞いでた ベロアの夜にも 明日の 迎えが来るから
眩くて、呼吸すらできない、輝ける この日々は

春に咲いた夢を 夏に夢見てた 秋に思ひ巡り 冬は答え探して
僕らが描いた  未来予想図を 気侭に飛びたくて 思い描いた

揺れて、揺られて、羽ばたける時まで

何時か、何時まで、笑えますか? どこへ、どこまで 走って…

春が来たら お別れだね、と 呟いた 午後の帰り道
この夢は 終わらせたく無い 鐘の鳴る 音の下

揺れて、揺られて、羽ばたける時まで

声は、君に、届きますか? 空に 響く 歌声を

揺られてた、小さな想いは 大空に 夢を描くから
この夢は 終わらせたく無い 言葉は もう要らない

明日は 無いかもしれない、今だから 心から言えるよ
きっと 辿り着く場所へ 君と 居れるように
[PR]
by alice_nine9 | 2004-12-01 20:52 | 【歌詞】

Siva&Diva

作詞:将 作曲:アリス九號.

遠くを見て 涙目の君 気付けない 僕を 許して欲しい
浮遊した 喪失の詩 掌に 君の雫が 零れ落ちる瞬間 僕は泣いた

二人だけの 暗がりのこの空は 優しく 肌を包み 言葉を与えた 今


見つめて 見つめて 僕の事 消えてしまうよ

破壊と 再生の 夢の中 詩を歌いましょう

この ひび割れた空に あぁ 求めていた 感覚を まどろみ、探していた。


そう 箱舟が進む 先に 僕は 何を見い出して 歩くのか?


涙枯れて 奏でたその思いは 歌声に 今乗せて あなたへ響いて 今


見つめて 見つめて 僕の事 消えてしまうよ

破壊と 再生の 夢の中 詩を歌いましょう

この ひび割れた空に あぁ 求めていた 感覚を まどろみ、探していた。
[PR]
by alice_nine9 | 2004-12-01 20:50 | 【歌詞】

平成十七年七月七日

作詞:将 作曲:アリス九號.

儚い事象は 前触れで
見つけた幻想は 星模様
飛べない小鳥は 声枯らし
遠い、遠い、貴方を求めた

ずっと待ちわびた 約束の日 どんな 顔して 話そう?
眠れない夜 僕は小さく、 闇に 消えて しまいそう
満点の星、星々の見る 夢に 届いて

星が 虹を架けて あなたのもとへ連れてって
夜に浮かんだ宝石に誓った starry days

硝子は砕けて 散らばって
願いの数だけ 輝く

そう 願えるはずさ 君も
今夜は いつまでも 星を見上げていよう

今日は 七月七日 あなたの元へ

星が 虹を架けて あなたのもとへ連れてって
年に一度きりの、夢を見て slowly,Star Festival story
願いは 時を越えて あなたのもとへ眠るから
夜に浮かんだ宝石に誓った starry days
[PR]
by alice_nine9 | 2004-12-01 20:49 | 【歌詞】

ハイカラなる輪舞曲

作詞:将 作曲:アリス九號.

ハイカラ、正装男子、真昼の路地を闊歩。 晴天霹靂、今日は舞踏会で踊って。
目覚めた時は昼で 首には酷い汗が。 夢から覚めても夜で 白昼夢に酔おう

この手に 残る 深い傷跡 何を成し、何を想って。
この目に 映る 凡ての物は 全部デタラメと、教えてあげよう。

創世、後世、この世の全てはまるで 作り話のような質感、設定ですね。
夢も愛も君も僕も全部 燃えて綺麗に灰になれば善いかもね。

ハイカラ、正装女子、夜中の路地を闊歩。 暗天霹靂、今日は舞踏会で踊って。

情景、光景、この世の全てはまるで 作り話のような質感、設定ですね。
誰も彼も君も僕も全部 知らず知らずに嵌り、踊った舞踏会
[PR]
by alice_nine9 | 2004-12-01 20:47 | 【歌詞】

葬園-名も無き君へ-

作詞:将 作曲:アリス九號.

強がりなmama 僕は居ない あなたの 胸には 別の人が
怖がりなmama 時は眠る まだ見ぬ 世界には 出会えなくて

「その声、その腕 抱き締めたかった
幾つも想いが降って
未だ見ぬ あなたへ 出来る事を 探して 唄えばいいの?」

掠れた 声さえ もう、 届かない 届かない 願い
名も無い 貴方を 今 抱き締めて 抱き締めて あげたくて


優しいmama 僕が消えても あなたには 愛すべき 別の人が
健気なmama どうかお願い 一度だけ 僕の為 泣いて下さい

「夢見た 風景 あなたを探し
優しい嘘だけ抱いて
未だ見ぬ あなたを 想う涙で 目の前は 霞みました」

潤んだ 瞳はまだ 写せない 写せない 君を
綴った 手紙は もう 開けない 宛先を 書けずに

今、胸を染めた 赤い 優しさは

今、癒してゆく 碧い、碧い 存在証明 あぁ

掠れた 声さえ もう、 届かない 届かない 願い
名も無い 貴方を 今 抱き締めて 抱き締めて あげたくて

潤んだ 瞳は まだ 写せない 写せない 君を
綴った 手紙は もう 開けない 宛先を 書けずに
[PR]
by alice_nine9 | 2004-12-01 20:46 | 【歌詞】

聖者のパレード

作詞:将 作曲:アリス九號.

The saint threw tears.
However,she was laughed.
There must be all nothing
I wished forever.

気が付けば僕らは 独りで灰色の空に
祈りを捧げていたね 儚い夢の続きを願って

只、繰り返すカレンダー 枯れた草に眠りを

光よ 母よ 僕らは手段を無くし
涙した聖者のように 行き場を探して

この果てない青空に 僕は探していた 君のこと
夢のような時間だね 君と過ごして居た日々は

…こぼれた涙はきっと僕が拭うから。

加速し、流れて、僕らは何を見つけ
何処に行くの?流れてくの? 行き場を探して

この掌の中に 僕は見つけだした 君のこと
歩き出した少年は 少し恥ずかしそうに笑った

…こぼれた雫はやがて海へと還って。

また笑える日が来ると 君と信じていた 日々へ…。
[PR]
by alice_nine9 | 2004-12-01 20:42 | 【歌詞】

百合は蒼く咲いて

作詞:将 作曲:アリス九號.

枯れてゆく花は 白い部屋で一人
沈みゆく君を見つめてた

いつも会うと君は 寂しそうに笑って
細くなった指を絡ませた

「凍えていた季節も 凍えそうな夜も
暖かさをくれた瞳でした。」

どんな言葉さえも 僕は思い付けずに
さよならも言えず見送った

遥か、昔から君を知ってたみたいに、
とても、とても君が温かかった。

二人と居た 百合の花は、やがて呼吸を止めた
君の傍には いつも 同じ花が咲いて
夏になれば 百合の花が 君を綺麗に飾る
同じリズムで 君と 歩いてゆくよ。ずっと。ずっと。

生まれ変わる 話なんて まるで 信じないけど
いつか会える そんな気して いたから いつか

遥か、昔から君を知ってたみたいに、
とても、とても君が温かかった。

二人と居た 百合の花は、君と眠ってくれた
君の傍には いつも 同じ花が咲いて
一緒に居たいよ どんな場所でも 何も怖くは無くて
同じリズムで 君と 眠りたいよ。ずっと。ずっと。
[PR]
by alice_nine9 | 2004-12-01 20:41 | 【歌詞】

白夜ニ黒猫

作詞:将 作曲:アリス九號.

猫は、ずっと見ていた 事の一部始終
琴を、ずっと爪弾く 綺麗な茜色

もしも空が、青くなければ。
きっとこんなに、悲しくなかったでしょう。

夢は、ずっと泡沫 決して現わには
決して 醒めない夢が 君に届くように。

もしも僕が 鳥になれたら…
きっとこんなに、怖くはなかったでしょう。

虚勢、狂声、強制、饗勢、狂声。

僕の事を見て、しゃがれた声聞いて
いつも 叫んでた
僕だけに 飴を頂戴。
秘密、教えてあげます。

秘密は 暴かれ 白日 晒され
天地は まっ逆さま 白黒 逆回転

もしも空が、青くなければ。
きっとこんなに、悲しくなかったでしょう。

虚勢、狂声、強制、饗勢、狂声。

僕の事を見て、しゃがれた声聞いて
いつも 叫んでた
君だけは、そのままでいて
お願いだから

とうに気が触れた、三毛猫の老婆
いつも 泣いていた
僕だけは 君の傍にいる
傍に…

僕の事を見て、しゃがれた声聞いて
いつも 叫んでた
僕だけに 飴を頂戴。
秘密、教えてあげます。
[PR]
by alice_nine9 | 2004-12-01 20:36 | 【歌詞】

闇ニ散ル桜

作詞:将 作曲:アリス九號.

桜舞い散る季節に 苦悩から逃げ出した話、嗚呼
声を殺し終わり待つ 誰も僕を見てくれなくて

誰も彼も 否定した、拒絶した。

夢で見た「これから」と 滲んで 書けない手紙
闇だけが 優しくて 辛くて 瞳を瞑ってた

辺りの景色に身を潜め 馴染む色は見つからなくて
せめて夜の闇にだけ 隠れて消えてしまおうと

手をかけた

誰も彼も 否定した、拒絶した。

終幕の 鐘が鳴る 儚い 夢から醒めた
さようなら 愛しい人 春風が 僕を揺らしてた

桜が啜り泣く頃…。
[PR]
by alice_nine9 | 2004-12-01 20:35 | 【歌詞】

銀の月 黒い星

作詞:将 作曲:アリス九號

いつからか、僕らは上手く笑う事も 出来ず 過ごしてたね
君と居た季節は 白く染められて 胸に降り積もる

あぁ、粉雪が、降り注ぐ、この空に
今、手を伸ばし、君を つかまえた。

温かな雪は 何よりも美しく
僕達の頬へ 落ちては消えて
まるで白い花のように 君は咲いていた

何も意味は無いよ 月との距離は
君との距離感さえも 癒してくれた

あぁ、粉雪が、降り注ぐ、この空に
今、手を伸ばし、君を つかまえた

寒空の星は 何よりも 美しく
僕達の頬へ 落ちては 消えて
枯れたアイリスの花 静かに揺れていた。
[PR]
by alice_nine9 | 2004-12-01 20:32 | 【歌詞】